1: Team774(東京都) (2級) 2022/07/21(木) 16:24:05.71
2007年にAKB48チームBとしてデビュー。12年からはインドネシアが拠点のJKT48に移籍した仲川遥香。「世界で最も影響力のあるツイッターアカウント」にもランクインし、現地ではCM女王でもある。移住から約10年がたつがどんな仕事をして、どんな生活をしているのか。現在の仲川に話を聞いた。(取材・文=島田将斗)

週に3本、多い時には5本のテレビ露出。大塚製薬のオロナミンCや現地スキンケア商品会社とは年間契約でCM出演、インスタグラムやTiktokなどの広告にも顔を出す。インドネシアで間違いなく売れっ子タレントの地位を築いていた。

 文字通りの“成功”をつかんでいる。異国の地でのブレークの理由を明かした。

「最初のころは、取り上げてもらうことも少なかったです。日本人でタレントをしているというのがインドネシアで初めてだったみたいです。『日本人の人がいるよ』とJKT48時代に段々と話が広がっていったのがきっかけです」

 移籍からわずか2年でレギュラー番組もできた。日本時代には浴びることのなかった視線。注目度にうれしさもありながらも、不安を感じていた。

「今のように毎日テレビに出るとかもなく、日本でもそういう経験がもちろんなかった。『私がやりたいことなのかな』って戸惑いもありました。自分が思っている以上に名前が外に出てしまったので、それに追いつくのに必死でした」と振り返る。

 ブレークの実感もあった。「JKT48に入って2年目、3年目くらいは記憶にないくらい忙しくて、その期間だけでCMをトータル20本以上やらせてもらったり、レギュラー番組もあって、コンサートもあって、あっという間にJKTの4年も過ぎちゃいました。そこで一気に自分の人生変わったかなって思いますね」と笑う。

 テレビの作りや進行は日本とまるで違う。“日本人キャラ”を最大限に活用してインドネシア芸能界を渡り歩く仲川には、それがフィットした。

「日本って結構台本があって、それ通り話さないといけないことが多いんですよね。ツッコミの場所とかも決まっているみたいな。インドネシアって大まかな台本はあるんですけれど、後は自分のやり方でやっていいんです。それを受け入れてくれる国なのでそこが私にとってはやりやすくて、自分のタイミングで行けるし、緊張せずにバラエティー番組に出られます」

 楽屋の作りにも言及した。「日本では基本的にみんな別々だと思うんですけれど、インドネシアは大部屋です。最初は『えー』って思ってたけれど、今は全然気にしていません。日本で言うところの大御所の人とタレントの駆け出しの方が同部屋なんです」と説明。

 また「みんな時間通りに来ない」という国民性についても話す。「30分後スタートとかで、最初は『なんで時間通りに始まらないんだろう』『まだ待ち時間?』とか驚いたり、イライラすることもありました。今は慣れ、私自身もおおらかになったと思います」。

 活動の幅はテレビだけでない。18年の日本とインドネシアの友好60周年の際には親善大使に就任。1年間活動をした。その後も架け橋のような存在になっている。

「コロナ禍でも日本を紹介する番組をやらせてもらったりしていました。コロナ前は東北を盛り上げるためにインドネシアの方々と訪れて撮影しました。他には北海道に行って、その魅力をインドネシア語で伝えるという仕事もありました」

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/ed7b1d7e68677f4610209c5969e5cc2411ea68ee&preview=auto
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:: EXT was configured

14: Team774(東京都) 2022/07/21(木) 16:57:01.61
>>1
おせーよ
今頃かよ

18: Team774(茸) 2022/07/21(木) 17:10:02.28
>>14
今更でなく、以前から定期的に書かれてる

2: Team774(東京都) 2022/07/21(木) 16:24:53.83
パンデミックはリフレッシュ期間に

インドネシア移住後に日本のテレビに出演した際には驚きの年収額を告白。仲川は謙遜(けんそん)しながら現在の収入事情を明かした。

「今はコロナで年収は下がりはしました。こっちの国で一般企業で働いている人よりは全然いただいていると思います。もちろん、さっしー(指原莉乃)とかあっちゃん(前田敦子)とか日本の芸能人の方が全然稼いでいると思います(笑)」

 タレントの評価基準は日本とあまり変わらない。「日本でもレギュラー何本だったら給料が上がるとかあるじゃないですか。そういう感じで私にも1本いくらというのがついている感じですね。広告とかのお仕事が多いのでそのお金が入ってくると多くなるかなという感じです」とうなずいた。

 豪邸住みのうわさについても言及した。「一般的なマンションに住んでいます。豪邸に見えちゃうと思うんですけれど、インドネシアの家は広いので、日本だったらありえないですよね。送迎車も付いているんですけれど、タレントだからとかではなくこっちではそれが普通です。価値観は昔から変わっていません。ブランド物を集めたりとかもしないですし、いかに安く食費を抑えられるかを毎日考えていますね(笑)」とおちゃめに笑った。

 それでも新型コロナウイルスによるパンデミックで芸能活動の縮小を余儀なくされる。12年から芸能界を走り続けていた仲川にとってはそれがリフレッシュ期間となった。

「自分の時間と仕事を半々でやることが増えました。コロナ前までは友だちと遊んだりとか出かけたり、趣味を増やすとかに挑戦しようと思わなかったし、仕事だけをやって後は家にいたりでした。コロナで仕事が減ったチャンスを逃さずに趣味のバレエや友だちと旅行に行ったりなど自分でスケジュールを組んでできるようになりました」

 インドネシアで成功を収めているが、今後日本の芸能界への復帰は考えているのだろうか。

「予定はないですね。日本のお仕事をもらえたら、もちろんしますし、できたらうれしいかなと思います。ただ日本を拠点に活動をするということはないと思います」

 異国の地でつかんだスターの座。“日本人キャラ”の珍しさだけではなく、仲川の性格の明るさが引き寄せた幸運だった。日本から約4800キロ先の地で活躍する元AKB48のメンバーの活躍にこれからも期待したい。

4: Team774(東京都) 2022/07/21(木) 16:25:51.40
まだ売れっ子なの?
すげえな

5: Team774(東京都) 2022/07/21(木) 16:27:23.80
それははるごん

6: Team774(東京都) 2022/07/21(木) 16:32:29.14
はるごんはもっと売れて欲しいよ
頑張れ

7: Team774(愛知県) 2022/07/21(木) 16:33:11.53
行動力とコミュ力がすげえんだよな

8: Team774(茸) 2022/07/21(木) 16:34:39.11
高城亜樹さんとどこで差がついたのか

19: Team774(東京都) 2022/07/21(木) 17:10:40.54
>>8
高城は最初にインドネシアに着いて空港からの車中でしきりに緊張で胃が痛くなってきたと訴え
一方で中川のほうは笑って大丈夫だよ何とかなるよと気楽に酢昆布を美味しいとパクパク食べ
胃が痛いといってる高城にも酢昆布食べる?と勧めて異国向き不向きの一端が最初から出てた

現地日本人によれば食べ物のコバエくらい気にせずの図太さがななきゃ生きていけないそうな

11: Team774(東京都) 2022/07/21(木) 16:37:39.83
はるごん、珠理奈、みくりんとか金持ちでなはない家庭で育った人は報われてほしいね

20: Team774(茸) 2022/07/21(木) 17:14:31.05
はるごんの夏休みスレ好きだったなぁ…

引用元…



 AKB 本田仁美さん「鳥刺しを食べてカンピロバクター食中毒になった、みなさん気をつけて
 【悲報】音楽の日に出演したAKB48さん、事前番組に出ただけのSTU48に壮絶な惨敗を喫す
 【悲報】本田仁美、本当にもうすぐ辞めそう
  【ハロプロ】アンジュルム松本わかなさん(14)がさくらたんの再来ではないかと話題に
 宮脇さんも参加した町内会のようなハイブ運動会が大荒れwww